購入後のメールは要チェック!ちりとりが格安~!

そこまでの量は無いけど、チリトリで集めようとすると、チリトリがすぐ一杯になってしまう・・・という限られた条件なら役に立ちます。どうしても詰め込みたかったら!別の袋に入れ直す必要があります。あと!ベースの前後の奥行きが短いので!普通のチリトリが入らないような狭い側溝でも使える場合があります。

こ、これですっ♪

2017年03月21日 ランキング上位商品↑

ちりとりテラモト ちりとり捨楽 小 ゴミ袋45L用

詳しくはこちら b y 楽 天

ただし!袋にパンパンに葉っぱを詰め込むことは出来ません。まず初めに!マニュアルではベースにかぶせる形で袋を折り返すとなっていますが!この通りに使うと!ベースの奥の袋が立ち上がってしまい!掃きこみ辛くなってしまいます。ただ!本当に量が多いときは手箕(てみ)で集めて袋に放り込む方が圧倒的に早いです。使った感想としては、普通のチリトリ(文化チリトリ等)で集めて袋に入れるよりもずっと早いです。45Lの袋をセットして一杯になるまで履きこんで、別の45Lの袋に入れ替えた後、もう一度一杯になるまで集めて、合わせてようやく一袋が一杯になる感じです。箒は、庭園用プラ箒(毛が太いタイプ)と普通の竹箒の両方で試してみましたが、どちらも使用感に大きな違いはありませんでした。主に、アスファルト(道路)、インターロッキング(公園入り口)の上の落葉を集めるのに使ってみました。落ち葉がゴミ袋に直接入れられて作業がスムーズに捗ります。それでも、普通のチリトリで集めるよりかは早いです。庭の落ち葉の多い時期にはとてもお薦めです。これは!地味に役に立ちます。マニュアルを無視して!ベースで袋を押さえる方が使いやすいです。